占いTips

占ってもらう時のマナー

占いを受ける時はかしこまりすぎる必要はありませんが、ちょっとしたマナーが必要な場合もあります。

例えば緊張しがちな人はできるだけ相談したい内容をメモして用意しておくといいでしょう。そうすることで緊張せずに自分のペースで話すことも出来ます。
相談者からの情報は占いをする上で欠かせない要素の一つです。メモがあるだけで聞き漏らしも防げるほか、余裕がでることでリラックスして占いを受けられます。
このように占い師ができる限り占いに集中しやすいように準備しておくことも立派なマナーの一つです。

また情報は的確に伝える必要があります。話しづらいから、占い師なら嘘だと分かるはず、というような理由で嘘の情報を伝えるのはやめましょう。こういうことをしてしまうと占いの結果も大きく変わり占いを受ける意味もありません。

さらに意外にやってしまいがちなのが、他の占い師の結果を伝えることです。
「あの先生はこういっていた」「あの先生と結果が違う」というようなことを言うのはやめましょう。単純に目の前にいる占い師に失礼です。