東洋占い情報,  東洋占星術の基本

家相占いで分かる事とは?

古代中国で生まれた占いの一つである家相占いは相術に分類される占術であり、名前の通り家の相を見る事ができますよ。

家相占いは江戸時代に日本へ伝わったとされていますが、陰陽五行説や日本の気候風土も反映されて現代の日本に定着したと言われています。

家相占いでは吉方位や家相の良し悪し、家の方角や窓の位置、部屋の間取り、色や形を見て判断するのですが、流派によって考え方が多少異なるのだそうです。

家相占いで有名な鬼門は北東、裏鬼門は南西が凶相だと言われています。

家相占いでは、風通しを改善したり、明るくしたり清潔にする事によって運気アップできるという事ですよ。

引っ越しや家の建て替えを考えているなら、家相で吉凶を見てもらってみてはいかがでしょう。